鬼風呂(おにぶろ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 菅談話 阻止のための陳情書

<<   作成日時 : 2010/08/09 11:23  

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 1

以下、本日、議員会館へ赴き、各議員事務所へ提出する予定の陳情書。
↓↓

平成22年8月9日
国会議員 各位
〒279-0021 浦安市富岡2-2-1-405 п@047−709−1488 日本を護る市民の会 代表  黒田 大輔
日本を護る市民の会 副代表 護国鬼十郎
日本を護る市民の会 副代表 行本慎一郎


陳情書 日韓併合百周年記念に関する首相談話発表に反対する件

 この度、日韓併合百年に関する首相談話を発表するとのことについて断固反対をいたします。  そもそも、1965年における日韓基本条約において、終局的かつ完全に解決した問題です。条約については、国際法的にも有効であり、何ら違法性はなく、今さら「謝罪」する必要性のないものです。  「植民地支配」という表現もされているようですが、韓国併合は決して植民地支配ではありませんでした。当時の日本の国家予算の2割前後を投入して韓国のインフラ、また近代的諸制度は、「漢江の奇跡」の大きな原動力となりました。戦後、その扱いを決めた日韓基本条約を反故にしてまで、日本が改めて国家的に「謝罪」する必要などありません。
日本のこれからを担う子供達に、決定的な罪悪感、劣等感、祖国日本への憎しみを植え付け、国民としての自尊心を喪失させる行為となります。そんなことはあってはなりません。謝罪外交を続け、日本の国益を損ない、日本人としての自尊心を失わせ続ける愚かな行為です。
 我々は、日本人であることを誇りに思い、国益を大切にし、他国と対等の立場で外交を行うべきであると考えます。  政府(首相)の談話は公人の談話です。その内容は我々日本国民の総意とされます。我々は日本国民として、韓国に対し「必要のない謝罪はしないし、すべきではない」と考えています。首相談話は、我々、国民の歴史認識の自由を奪われる人権侵害であると同時に、国民に不利益な歴史観を押し付け、外国政府に日本国民の尊厳を叩き売る暴挙です。この度予定している談話が菅直人氏の私的な志であるならば、我々日本国民に迷惑をかけず、私的に謝罪をしていただきたいと思います。  以上の理由において、日韓併合百年に関する首相談話を阻止してくださるよう陳情を致します。


人気ブログランキングへ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
revo3629という創価のストーカー部員が、反創価運動に対するカウンター的な意味合いの放送をしているので要チェック
http://com.nicovideo.jp/community/co435974
ニコ生で創価のストーカー部隊に所属する信...
2010/08/29 18:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
菅談話 阻止のための陳情書 鬼風呂(おにぶろ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる